• MAIL
  • Twitter
  • Facebook
  • VOICE
  • HOW TO PLAY
  • CONCEPT
  • NEWS

ABOUT

「全員で勝つ思考の筋肉を育てる」
それがこのゲームを考案した目的です。

行くは、小学校の昼休みに「GIFTやろうぜ!」
そんな小学生たちの声が飛び交う近未来。
「GIFTやろうぜ(=全員で勝とう)」ってなんだか素敵な響きじゃないですか。
青春じゃないですか。
やがて『GIFT』に慣れ親しんだ子供たちが大人になった時のことを想像してみて欲しい。
子供の頃から「全員で勝つ」ほうが「楽しい」という価値観を持った社会人がドバッ!と企業に就職する。

「GIFTやろうぜ!」

自分たちが任されたビジネスをやっていく際にも、GIFTの精神でやろう、っていう共通認識の掛け声が飛び交う。翌年もドバッ!その翌年もドバッ!そのまた翌年もドバッ!幼少期から『GIFT』や『GIFT』に似た「全員で勝つ」という同じコンセプトの遊びが当たり前になった「GIFT思考の精鋭部隊」だ。

10年経った時か、20年経った時か、「自分だけの一人勝ちでも自己犠牲でもなく、全体にとってのベストは何かを考えられる思考の筋肉」が鍛えられた社会人が過半数を超える。やがて僕らの世代からも総理大臣が生まれるように、彼らと同世代の子供たちからも総理大臣が誕生する。
その総理大臣が選出する内閣も、当然『GIFT』世代だ。

その頃僕らは70才、80才の爺様婆様になってるだろうが、僕らの子供たち、孫たちは、僕らが作った『GIFT』が当然の世界で楽しそうに暮らしている。
誰かの役に立てる喜びや、自分の才能で社会に貢献できる生き甲斐を感じながら暮らす彼らを、縁側でお茶でもすすりながら眺める僕らはどんな気持ちだろう?誰かと比べて平凡な暮らしをしていることに人生を嘆いているだろうか。金持ちになれず一人勝ちの夢が叶わなかったことに不幸を感じているだろうか。

そんなはずはない。僕らが作って広めたものは『GIFT』という単なるトランプゲームじゃない。僕らが作って広げたものは、働き方、生き方そのものだ。それも、その価値観は日本だけにとどまらず世界中に広がり続けている。

僕らだけじゃない。
今この瞬間にも日本や世界の何処かで、同じようなコンセプトのゲームや遊びや仕組みや教えを閃き、伝え始めようとしているまだ見ぬ仲間たちがいる。
いずれ彼らと何処かでめぐり逢った時、「みんなで勝とうぜ」そんなキーワードで理想の未来を語り合う。
与えられた天の役割に命を使う者同士、それぞれの役割を讃え合い、励まし合い、互いの不足を補い合いながら、ゆっくりだが大きなうねりの中で世界が着実に変わっていく時間の流れを肌で感じ合う。自立した一人ひとりが利他を実践することで、そんな仲間が世界中の至るところで今できることから伝え合うことで、僕たちに見えているビジョンは現実になっていく。

コミュニケーショントランプゲーム『GIFT』は、ただのツールに過ぎない。大事なのは、小さなテーブルを囲んだ4人で体感するあの小宇宙を、一人ひとりが実社会でどう工夫し、どう改良し、どう用いるかだ。

「GIFTやろうぜ!」

あなたがあげるたった一人の小さな声から、世界は確実に変わり始める。
『GIFT』をキッカケに、あなたの在り方が変わり、あなたに関わる仲間が変わり、やがて社会を大きく突き動かす時代の現象となって、未来の子供たちに生き生きと暮らせる素敵な時代をGIFTしようぜ!
メールマガジン

ABOUT

「全員で勝つ思考の筋肉を育てる」
それがこのゲームを考案した目的です。

行くは、小学校の昼休みに「GIFTやろうぜ!」
そんな小学生たちの声が飛び交う近未来。
「GIFTやろうぜ(=全員で勝とう)」ってなんだか素敵な響きじゃないですか。
青春じゃないですか。
やがて『GIFT』に慣れ親しんだ子供たちが大人になった時のことを想像してみて欲しい。
子供の頃から「全員で勝つ」ほうが「楽しい」という価値観を持った社会人がドバッ!と企業に就職する。

「GIFTやろうぜ!」

自分たちが任されたビジネスをやっていく際にも、GIFTの精神でやろう、っていう共通認識の掛け声が飛び交う。翌年もドバッ!その翌年もドバッ!そのまた翌年もドバッ!幼少期から『GIFT』や『GIFT』に似た「全員で勝つ」という同じコンセプトの遊びが当たり前になった「GIFT思考の精鋭部隊」だ。

10年経った時か、20年経った時か、「自分だけの一人勝ちでも自己犠牲でもなく、全体にとってのベストは何かを考えられる思考の筋肉」が鍛えられた社会人が過半数を超える。やがて僕らの世代からも総理大臣が生まれるように、彼らと同世代の子供たちからも総理大臣が誕生する。
その総理大臣が選出する内閣も、当然『GIFT』世代だ。

その頃僕らは70才、80才の爺様婆様になってるだろうが、僕らの子供たち、孫たちは、僕らが作った『GIFT』が当然の世界で楽しそうに暮らしている。
誰かの役に立てる喜びや、自分の才能で社会に貢献できる生き甲斐を感じながら暮らす彼らを、縁側でお茶でもすすりながら眺める僕らはどんな気持ちだろう?誰かと比べて平凡な暮らしをしていることに人生を嘆いているだろうか。金持ちになれず一人勝ちの夢が叶わなかったことに不幸を感じているだろうか。

そんなはずはない。僕らが作って広めたものは『GIFT』という単なるトランプゲームじゃない。僕らが作って広げたものは、働き方、生き方そのものだ。それも、その価値観は日本だけにとどまらず世界中に広がり続けている。

僕らだけじゃない。
今この瞬間にも日本や世界の何処かで、同じようなコンセプトのゲームや遊びや仕組みや教えを閃き、伝え始めようとしているまだ見ぬ仲間たちがいる。
いずれ彼らと何処かでめぐり逢った時、「みんなで勝とうぜ」そんなキーワードで理想の未来を語り合う。
与えられた天の役割に命を使う者同士、それぞれの役割を讃え合い、励まし合い、互いの不足を補い合いながら、ゆっくりだが大きなうねりの中で世界が着実に変わっていく時間の流れを肌で感じ合う。自立した一人ひとりが利他を実践することで、そんな仲間が世界中の至るところで今できることから伝え合うことで、僕たちに見えているビジョンは現実になっていく。

コミュニケーショントランプゲーム『GIFT』は、ただのツールに過ぎない。大事なのは、小さなテーブルを囲んだ4人で体感するあの小宇宙を、一人ひとりが実社会でどう工夫し、どう改良し、どう用いるかだ。

「GIFTやろうぜ!」

あなたがあげるたった一人の小さな声から、世界は確実に変わり始める。
『GIFT』をキッカケに、あなたの在り方が変わり、あなたに関わる仲間が変わり、やがて社会を大きく突き動かす時代の現象となって、未来の子供たちに生き生きと暮らせる素敵な時代をGIFTしようぜ!
NEWS/体験会
メールマガジン